スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


両親の期待が重荷 京大病院インスリン混入の看護師(産経新聞)

 京都大学付属病院(京都市左京区)の入院患者に必要のないインスリンを投与したとして、同病院の看護師、木原美穂容疑者(24)が殺人未遂などの容疑で京都府警に逮捕された事件で、木原容疑者が「両親の期待が大きく、応えなければいけないのに空回りし、イライラしていた」と動機を供述していることが5日、捜査関係者への取材でわかった。

 投与を始めた時期については「去年の夏ごろから」と供述、府警はストレスのはけ口が患者に向いた理由について追及する。

 捜査関係者によると、木原容疑者は自らの看護師としての実力を「実務的には同僚に比べて劣っていた」と自己分析。「後輩を指導しなければならないのに、実力が足らずに焦っていた。友人も少なく発散場所がなかった」などと供述をしているという。

 府警は3月、担当する女性患者(94)の点滴に、治療に不要なインスリンを投与したとして木原容疑者を逮捕。木原容疑者は担当していた他の患者数人にも、強心剤や血圧を上げる薬を投与したことを認める供述をしている。

【関連記事】
京大病院インスリン事件 看護師を殺人未遂容疑で再逮捕 京都府警
高齢患者への傷害容疑で元看護師再逮捕 兵庫
「患者が感謝してくれない」 肋骨折った看護師が動機供述 
肋骨17本…院内調査は「病的骨折」 看護師、安心し犯行継続か
奈良・山本病院死亡事件 ずさんな手術、動機は不可解
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

秘書仲間から疑問も 勝場被告、20年来の「金庫番」(産経新聞)
日本人の死刑執行さらに3人、中国が通告(読売新聞)
<耐震偽装>大阪の建築士手がけた119物件調査 国交省(毎日新聞)
<火災>アパート全焼、焼け跡から2遺体 相模原(毎日新聞)
ありがたみアップ?給与明細に「お褒めの声」(読売新聞)

県内限定の幕の内弁当を試食=熊本〔地域〕(時事通信)

 熊本県とセブン−イレブン・ジャパンは25日、地産地消と県産品の販路拡大など7分野で「地域活性化包括連携協定」を提携した。蒲島郁夫知事と井阪隆一社長が同日、同県庁内で、提携を記念して作成した弁当を試食した。
 天草のマダイや県産豚肉、サツマイモ、有明海のノリなどを使った「熊本うまかったい幕の内」弁当で、県内の199店舗のみで販売する。26日から4月12日までの期間限定。知事は「天草のタイは本物のタイで、とてもおいしい」と笑顔を見せた。
 同社は今後、県産の農産物を使った菓子や弁当、パンなどを期間限定で発売する予定。また市町村と共同で、住民票や印鑑証明をセブン−イレブンの店舗で取得できる行政サービスの代行も検討している。
 井阪社長は「米粉を使った商品開発などができれば。観光名所の案内のパンフレットを置くことなども検討している」と話した。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕知事とスザンヌが熊本の食材をPR
〔地域の情報〕地元食材ふんだんのロケ弁=沼津
〔地域の情報〕地元の柿、トマト商品をお土産に=熊本県
〔地域の情報〕霞ケ浦風「フィッシュ&チップス」はいかが=茨城県など
〔地域の情報〕近代化産業遺産群シンポを開催=静岡県伊豆の国市

あえて連携アピール 鳩山首相と小沢氏、がっちり握手(産経新聞)
NEC の WiMAX システムを利用し、台湾の大同電信が WiMAX 商用サービスを開始
貨物船同士衝突、2人不明=船長重傷、1隻沈没−鳴門海峡・徳島(時事通信)
<舞妓>「仕込みさん」通信制高校に入学 京都・五花街で初(毎日新聞)
水爆実験の写真絵本、13年ぶり復刊=「被ばく体験の風化防げ」(時事通信)

小泉被告、あす判決 元次官ら連続殺傷(産経新聞)

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われたさいたま市北区の無職、小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で開かれる。小泉被告は公判で、一貫して「飼い犬を殺されたあだ討ち」などと主張。検察側は死刑を求刑している。

 小泉被告は昨年11月末の初公判で起訴事実は認めたものの、「無罪を主張する。私が殺したのは人ではなく、心が邪悪な魔物」などと述べた。最終意見陳述では「生まれ変わったら、もっと多くの魔物を殺したい」と発言し、遺族への謝罪の言葉はなかった。

 起訴状によると、小泉被告は平成20年11月17日夜、元次官の山口剛彦さん=当時(66)=夫妻をさいたま市内の山口さん宅で刺殺。翌18日夜、東京都中野区の元次官、吉原健二さん(78)宅で、吉原さんの妻、靖子さん(73)を包丁で刺して殺害しようとしたほか、元社会保険庁長官の横尾和子さん(68)と家族の殺害を計画したなどとされる。

サリドマイドの処方期間、最大12週に延長(医療介護CBニュース)
裁判員の判断尊重、控訴判決は10人全員棄却(読売新聞)
学力テストの入札手続きを検証、文科相が意向(読売新聞)
「建築界のノーベル賞」に妹島・西沢氏(読売新聞)
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会(医療介護CBニュース)

【核心】JAYWALK中村容疑者 薬物にすがる孤独“アラ還”(産経新聞)

 ロックバンド「JAYWALK」のボーカル、中村耕一容疑者(59)が結成30周年の節目の年に立たされたのは、ファンで埋め尽くされたコンサート会場ではなく、覚醒(かくせい)剤所持による逮捕という苦境だった。還暦目前に発覚した薬物使用には、分別盛りならではの孤独と苦悩が垣間見える。還暦前後の世代(アラウンド還暦)から高い支持を集めた“アラ還の星”に何があったのか。(滝口亜希)

                   ◇

 ■笑って否定

 今月9日未明の東京・西麻布の路上。路肩に停車したままの乗用車の車内で、中村容疑者は40〜50分間、警視庁第1自動車警ら隊員の職務質問を拒否した。車内の小物入れをあらためようとすると「恥ずかしいものが入っている」と制止したが、中から白い粉末の入った2つの小袋が見つかった。中村容疑者は「歯医者にもらった薬」と説明したが、簡易鑑定の結果、覚醒剤と判明した。

 覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された中村容疑者は、所持を認めた上で「1年ほど前から使うようになり、都内の路上で外国人から買った。使うときは1人だった」と供述したという。

 JAYWALKの前身、「J−WALK」は昭和55年結成。平成3年に発売された「何も言えなくて…夏」は180万枚を超えるヒットとなり、日本レコード大賞ゴールドディスク賞受賞。NHK紅白歌合戦にも出場を果たした。

 17年には、バンド名をJAYWALKに変更。「何も言えなくて…」が再録されたアルバムが100万枚を超えるヒットとなった。結成30周年を迎える今年はアルバムなどが発売予定だったほか、全国ツアーも計画されていたが、いずれも中止に追い込まれた。

 芸能人の薬物による逮捕が相次ぐ中、分別盛りとも言える59歳はなぜ薬物に手を出してしまったのか。

 所属事務所の知久悟司社長は芸能人の薬物報道があった際に薬物の使用の有無を尋ねたが、「冗談じゃないですよ」と笑って応じていたという。

 捜査関係者によると、中村容疑者は「年を取って疲れやすくなり、疲れを取るために使っていた」と供述したという。

 ■ヤケ酒型か

 故勝新太郎さん=逮捕当時(59)=や角川書店元社長=同(51)、トンボ鉛筆の元会長=同(60)=が逮捕されるなど、中高年による薬物事件は少なくない。

 薬物問題に詳しい小森栄弁護士によると、全国で覚せい剤取締法違反で逮捕された容疑者数は20代が減少しているのに対し、50代以上は毎年1500人程度で高止まりを続け、再犯率が高いのも特徴という。

 小森弁護士は「分別盛りの人間が薬物を使うのは、よほどショックなことがあって手を出す『ヤケ酒型』の可能性が考えられる」と分析した上で、「悩みや孤独感があっても周囲に打ち明けられなかったのではないか」と指摘。元関東信越厚生局麻薬取締部捜査1課長の小林潔氏は「年齢の高い依存者ほど周囲の支援者も少なく、薬物を断ち切るのは難しい」と警告する。

 「ファンに申し訳ない。もう二度としない」。弁護人によると、中村容疑者はこう繰り返し、時折涙ぐむこともあるという。

 動画投稿サイトのひとつでは「何も言えなくて…」の再生回数が30万回近くに上り、ファンからのこんなコメントが並んでいた。

 《もうすぐ還暦だろ…麻薬から、立ち直る姿をみせてくれ。還暦でも立ち直れる姿を…》

参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)
名古屋市議会 報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
<覚せい剤>使用容疑で大阪市職員を逮捕(毎日新聞)
「道頓堀くくる」名物のタコ看板はオスだった!(産経新聞)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)

新田選手の「金」を祝福=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日午後、バンクーバー冬季パラリンピックのノルディックスキー距離男子で金メダルを獲得した新田佳浩選手に電話し、「日本中が拍手した」と祝福した。同選手は日本選手団の主将で、首相は「(主将の)プレッシャーをはねのけて結果を出すのはすごい」とたたえた。
 また、新田選手から「海外の選手は高い報奨(金)をもらってパラリンピックに懸けている。五輪と同じ組織で(強化を)やっている」と指摘され、「首相としてもっとできることがあるなと感じた。日本に戻ったらいろいろ教えてほしい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
東アジア共同体、5月具体化=鳩山首相が取りまとめ指示
ハーグ条約加盟「真剣に検討」=鳩山首相
生方氏の対応批判=鳩山首相

マンション入り口に男性遺体=腹に傷、殺人事件で捜査−大阪府警(時事通信)
<東九州道工事>橋に亀裂、造り直し 強度計算ミスか(毎日新聞)
強盗致傷で高校教諭を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
モンベル社カード情報流出 不正利用被害100人超(産経新聞)
【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)

県外移設は困難=首相表明、普天間問題で(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は19日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について、「県外は難しいけれども、沖縄県民からすれば(県外が)望ましいという気持ちを大事にしたい。その中で頑張っている」と述べ、県外移設は断念せざるを得ないとの認識を強く示唆した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
県内移設2案、重ねて拒否=仲井真沖縄知事
牛肉問題、「普天間」と無関係=輸入制限撤廃圧力で駐米大使
キャンベル氏、駐米大使に陳謝=訪日中止で「ご迷惑」
普天間「県民の総意大事に」=民主・小沢氏

<遺体解剖>別人と取り違える 東京都監察医務院(毎日新聞)
民主、執行部批判の生方副幹事長を解任へ(読売新聞)
池谷氏当選なら3度目結婚も(スポーツ報知)
被虐待児童の扱い、議論まとまらず―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
<大島幹事長>小林議員が辞職しないのは「民主の意図」(毎日新聞)

<参院予算委>社会保障で集中審議(毎日新聞)

 参院予算委員会は16日の理事会で、18日に「社会保障・雇用等」に関する集中審議を行うことを決めた。鳩山由紀夫首相と菅直人副総理兼財務相、長妻昭厚生労働相らが出席する。

発砲 暴追運動の町で自治会役員宅に弾痕6発 北九州(毎日新聞)
<鳩山首相>小林議員の出処進退「自身で判断すべきこと」(毎日新聞)
<三島風穴>埋め立て前に学術調査を 富士山周辺で最古級(毎日新聞)
東急田園都市線がストップ 週末の帰宅客に影響(産経新聞)
民家3軒全焼、火元から4歳女児?の遺体(読売新聞)

道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)

 違法駐車が目立つ東京都千代田区内の靖国通りの一部の路肩に、駐車禁止区域であることを強調する赤色のラインが引かれた。

 警視庁が13日に試験的に引いたもので、赤のラインは全国初という。8月頃をメドに取り締まり件数をまとめて効果を検証し、他の地域への拡大も検討する。

 赤ラインが引かれたのは、靖国通りの専大前交差点から淡路町交差点までの約1・1キロ。これまでは路肩と歩道の間のコンクリートブロックに黄色い点線状のラインが引かれただけだった。

 この区間での昨年1年間の駐車違反の取り締まり件数は約600件に上り、都内平均(1キロあたり)の約10倍。靖国通りは都心の幹線道路で、路肩駐車が朝夕の渋滞の原因となっており、周辺住民からも取り締まり強化を求める声が寄せられていた。

 同庁交通規制課は「ドライバーの視覚に訴えるため、ラインを赤にした。違法駐車は減るはず」と期待を寄せている。

元学校事務職員ら逮捕=架空請求、45万円詐取容疑−愛知県警(時事通信)
<トキ>富山で確認 08年に佐渡で放鳥(毎日新聞)
舛添氏「新党つくるなら与謝野氏が先」(読売新聞)
<枝野行政刷新相>消費税率上げる際は総選挙すべきだ(毎日新聞)
温暖化ガス25%減明記=排出量取引、1年以内に制度案−対策基本法案を閣議決定へ(時事通信)

めぐみさん死んだ発言 BPO「人権侵害ない」 「軽い発言」家族会懸念(産経新聞)

 ジャーナリストの田原総一朗氏が討論番組で、横田めぐみさん=拉致当時(13)=ら北朝鮮による拉致被害者を「生きていない」と発言した問題。10日に下された「不適切だが、人権侵害とは認められない」との放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会の審査結果は、家族の奪還のために長年活動してきた拉致被害者の家族会の思いとの間に大きな“ズレ”を感じさせた。家族会メンバーは「何を言っても許されるのか」と懸念を表明した。

 問題の発言は、昨年4月25日未明の「朝まで生テレビ!」の中でなされた。田原氏は「政府が拉致被害者全員が生きていることを前提に対応するのはおかしい」と触れた上で、「外務省も生きていないことは分かっている」と発言。家族会が「重大な人権侵害」と抗議し、同委員会に申し立てていた。

 この発言について委員会は「家族への配慮を欠き、不適切」との判断を示したが、田口八重子さん=同(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さんは「家族の精神的苦痛を和らげるものではなく、より不信感を増幅させるもの」と感じたという。

 10日午後に文章を読み上げる形で、担当者から審査結果を告げられた飯塚さんは「この発言が許されるなら、世論を逆の方向に、北朝鮮に有利な方向に進める可能性がある」とその場で懸念を表明したという。

 家族会が訴えるのは、発言の根拠を示すべきだという点だ。増元るみ子さん=同(24)=の弟で家族会事務局長の照明さんは「拉致問題は単なる政治問題ではなく誘拐事件。人命がかかっている問題で(拉致被害者の)生死にかかわることを軽々に発言することは倫理上問題にならないのか。残念だ」と語った。

 めぐみさんの父、滋さんは田原氏発言の直後、発言を特別大きな問題とはとらえていなかった。「北の公式見解に基づくものならほうっておけばいい」。だが、「外務省も分かっている」となると話が違う。しかし、今回の一連のやり取りで、政府は公式に田原発言を否定。田原氏側も「取材源の秘匿」を理由に明確に根拠を示すことはなかった。滋さんは「われわれの運動に変わりはない」と改めて表明した。

 この問題をめぐっては、有本恵子さん=同(23)=の両親が精神的に傷つけられたとして、慰謝料を求める訴えを神戸地裁に起こしている。

【関連記事】
田原さん発言は「不適切」 拉致被害者めぐりBPO
「闘う弊害になると感じる」 BPO審査に家族会・飯塚代表
田原氏「生きていない」発言 有本さん両親、和解打診に応じず
田原総一朗氏の拉致被害者めぐる発言でBPOが審理へ
拉致の有本さん両親、田原氏提訴「裁判で発言の真偽明らかに」

<雑記帳>すき間からシクラメン、たくましく 千葉・茂原(毎日新聞)
<ケヤキ・庭石訴訟>元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁(毎日新聞)
香り懐かしいセルロイド 半世紀ぶり復刻、静かなブーム(産経新聞)
三宅島空港でも気圧値誤報=航空機着陸には影響せず−装置更新作業でミス・気象庁(時事通信)
文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)

千葉大生・荻野さん強殺、竪山被告を起訴(読売新聞)

 千葉県松戸市で千葉大園芸学部4年荻野友花里さん(当時21歳)が殺害された事件で、千葉地検は10日、住所不定、無職竪山(たてやま)辰美被告(49)(別の強盗強姦(ごうかん)未遂罪などで起訴)を強盗殺人や現住建造物等放火などの罪で起訴した。

 起訴状では、竪山被告は昨年10月20日頃から21日頃までの間、荻野さん方マンションにベランダの窓から侵入し、部屋にあった包丁を荻野さんに突きつけ、約5000円とキャッシュカードなどを奪い、荻野さんの胸を包丁で刺して殺害。同22日には、犯行を隠す目的で荻野さんのマンションに再び侵入し、遺体付近にあった衣類などにライターで火を付けたとしている。

 一方、松戸署捜査本部は10日、荻野さんの事件後に別の強盗傷害事件を起こしたとして、竪山被告を強盗傷害容疑で再逮捕した。竪山被告の再逮捕は6回目。

 発表によると、竪山被告は昨年10月下旬、同県印旛郡内の病院駐車場で、県内に住む、帰宅途中の女性看護師(当時22歳)を「騒ぐと殺すぞ」と脅して顔を殴るなどし、現金を奪おうとした疑い。女性は軽傷。

エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
<空自官製談合>防衛相「絵に描いたよう。びっくり」(毎日新聞)
新薬創出加算の対象は337成分624品目、目立つ外資系(医療介護CBニュース)
温暖化基本法案で詰めの協議=閣僚委を開催(時事通信)
不法な妨害、毅然と対処=赤松農水相(時事通信)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
債務整理 無料相談
無料ホームページ
探偵社
モバイル ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理
携帯ホームページ
出会いランキング
selected entries
archives
recent comment
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    はめじろう (02/22)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    リンデル (01/13)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    カドルト (01/08)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    道隆 (01/02)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    タンやオ (12/28)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    きんちゃん (12/16)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • はやぶさ カプセルを回収 18日にも日本到着(毎日新聞)
    俊之 (12/03)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM